冬場はそうでもないのですが、温かい夏場は特に、皮脂が気になります

Tゾーンがテカテカになります

それが嫌で、脂取り紙で皮脂を取りまくる・・・・・

これは、良いことなのでしょうか?

皮脂の役割とは?

皮脂は、肌を乾燥から守り、潤いをキープするために働いています

また、紫外線や、いろんな菌からも体を守ります

肌が本来持っているバリア機能です

しかし、分泌されて時間が経った皮脂は、酸化して、肌に悪い影響を与えてしまいます

酸化した皮脂は、ニキビの原因となる、アクネ菌が繁殖します

酸化した皮脂は、ニキビや肌荒れ、くすみなどの原因ともなるのです

皮脂は、5時間くらいで酸化すると言われています

日中は洗顔できませんので、お昼休みの脂取りは必要なようですね

酸化した皮脂を取り除く

皮脂は、肌のバリア機能に大切なものです

しかし、酸化した皮脂は、肌に悪い影響をもたらすので、
酸化した皮脂だけを取り除くことが必要になります

脂取り紙を使うと、紙に脂がついて、皮脂が取れたって気がします
(揚げ物を乗せたキッチンペーパーのように・・・)

それが、楽しくて、使いすぎていませんか?

皮脂は、とりすぎると、皮脂の不足分を補うために、

どんどん、分泌量が増えていきます

悪循環になります

人によって違いますが、脂取り紙では、皮脂が取れ過ぎる場合があります

ティッシュで、軽く押さえるくらいでも、皮脂は取れます

皮脂の分泌が多いと感じる人は、今使っている脂取り紙の
頻度を少なくしてみてください

1日に、1回か2回にしたり、ティッシュを使ったりしましょう

それで様子を見ながら、自分の肌に合った、皮脂のとり方を見極めましょう

季節や、食べ物によっても皮脂の分泌量は変わります

酸化した皮脂を取り除いて、必要な皮脂を残します

とり過ぎで、皮脂の分泌を過剰にしている悪循環になっている場合が多いのです


スポンサードリンク

皮脂が多くなる時は?

次のような場合に皮脂の分泌量は増えます

  • 体温の上昇
  • 脂っぽい食べ物を食べた時
  • お酒を飲んだとき
  • 緊張などで、ストレスを受けた時
  • 生理前

以上のような場合に、皮脂が多めに分泌されます

酸化した、余分な皮脂を取り除きましょう

乾燥と皮脂のとり過ぎは、肌の大敵です

自分の肌をよく観察して、適度に潤った健康な肌をキープしましょう